商品一覧

焼杉板~日本古来の風土に合った味わいを~

更新日:

ココがポイント

焼杉板(特一等材)

1)杉板の表面をバーナーで焼いた昔ながらの焼杉板です。
2)焼いて表面を炭化させることで
耐候性・耐久性が増しています。
3)実加工
がしてありますので施工も簡単。外壁・内壁を問わずお使いいただけます。
4)本品は
無塗装品ですが塗装をする事によって炭の剥がれを抑え、経年変化による色褪せを防ぎます。

焼杉板には 磨き 炭付  浮造り の3種類あります。
以下写真をご覧ください。

磨き(縦貼り)

磨き(横貼り)

炭付(縦貼り)

炭付(横貼り)

浮造り(縦貼り)  ※浮造りは長さ2mのみです

浮造り(縦貼り)  ※浮造りは長さ2mのみです。

【 ご利用事例 】 ※「磨き」のご利用事例です。

※写真をクリックすると拡大します。

 

 

【 製品特徴 】

1.特一等材 (抜節・欠節は樹脂埋め加工)
2.乾燥材 (天日乾燥の後、人工乾燥を行なった乾燥材)
3.無塗装品 (触ると手に炭が付きます)

【 焼杉板よくあるご質問 】

お客様
外壁に使えますか?

シンリン君
ご使用いただけます。杉板を焼く目的は表面を炭化させることで耐候性・耐久性を高めることにあります。従って内装より外壁に使用される方が適しています。もちろん内装としてもお使いいただけます。


お客様
施工はどのような方法ですか?

シンリン君
縦貼り、横貼りとも木下地胴縁(21×36)を300~450mmピッチで設けます。外壁の場合はその上に防水シートを貼り、焼杉板を釘で打ち付けます。通常は板表面から脳天打ちで施工します。


お客様
塗装する場合、塗料の指定はありますか?

シンリン君
塗料の指定はありませんが含浸性の着色塗料をおすすめします。紫外線による変色、劣化から考慮すると顔料の多い着色塗料の方がクリアー塗料より優れています。塗装することにより炭の微粉による汚れを抑え、黒の色彩を鮮明にできます。ご要望に応じて塗装品として仕上げます。塗装料金は束当り3,300円となります。


お客様
焼加工した見切縁などはありますか?

シンリン君
焼杉板貼りに付随する小割材(見切縁・水切・押え縁・出隅・入隅他)も焼加工してご用意出来ます。


お客様
表裏両面焼きの焼杉板はありますか?

シンリン君
はい、ございます。品番DS-09・DS-10・DS-11の焼杉板(※表裏両面焼き、サネ加工無し)です。塀(フェンス)などにご利用で、表裏の両面焼きが必要の場合にご利用いただけます。

【 加工形状 】

【 断面写真 】

お問い合わせ・ご注文に関するご案内

お客様
無料サンプルの請求はどようにしたらいいでしょうか?
シンリン君
お問合せ・無料サンプルのご依頼は お問い合わせ・サンプル請求 をご覧ください。
お客様
見積りの請求はどようにしたらいいでしょうか?
シンリン君
お見積りのご依頼は お見積りフォーム をご利用ください。
お客様
支払方法を教えてください。
シンリン君
お支払い方法は、銀行振込(前払い)または 郵便振込(前払い) にてお願いしております。振込手数料はお客様負担となります。
お客様
送料について教えてください。
シンリン君
商品発送にあたり、別途送料が必要です。商品数量、地域により異なりますので、お見積りの際にご返答させて頂きます。
お客様
納期はどのくらいかかりますか?
シンリン君
通常、受注日より5日以内の商品発送となります。
注文品(塗装仕上げ、準不燃木材など)は上記納期と異なりますので、お問合せ下さい。
お客様
返品・交換について教えてください。
シンリン君
返品交換の場合は、商品到着より1週間以内にご連絡ください。
返品交換の条件は 特定商取引法に基づく表記 に記載しています。

-商品一覧

Copyright© シンリン共同株式会社 , 2021 All Rights Reserved.